求人サポートを利用して自分に合った求人を探そう

柔道整復師の内容

進化する養成施設の内容

柔道整復師は、ほねつぎ接骨師、整骨師ともよばれ、打撲や捻挫・骨折や脱臼などを治療する仕事です。柔道整復師になるには、柔道整復師養成施設で3年以上学んだ後、柔道整復師の国家試験を受験して資格を取得することによりなることができます。柔道整復師の養成施設数は年々増加傾向にあり、各養成施設での内容なども他種になってきています。働きながら養成施設に通えるように、夜間の受講を取り扱う養成施設も増えてきているので、さまざまな人が学べる場となっています。養成施設の受講内容も、現代で需要があるカイロプラクティックやタイ式マッサージなどを取り入れる施設もあり、さまざまな施術を学ぶことができる内容が注目されています。

柔道整復師の活躍の場

柔道整復師としての活躍の場は、主に病院の整形外科や各福祉施設などがあり、独立・開業することも可能です。最近では、スポーツトレーナとして働く人も多くなってきており、今後も需要がみこまれる職種もあります。養成施設によっては、就職サポートを行っているところもあるので、養成施設を検討する時には確認しておくと安心です。内容によっては複数の学科を受講できる学校もあるので、よゆうがあり複数の資格を取得したいと考えた際には、複数学科の受講も検討内容に入れてみると良いです。柔道整復師の資格でも十分に、活躍できる場が多いですが、より選択肢を増やす為に複数の資格を取得することも、自分のスキルアップにつながってになります。